松本市にて金属屋根塗装 | 株式会社color

松本市の外壁塗装は株式会社colorへ

MENU

Works

施工実績

松本市にて金属屋根塗装

2023/10/05

お客様のお悩みとご依頼のきっかけ、弊社からのご提案

松本市にて金属屋根塗装のご依頼を頂きました。
現地調査にお伺いしたところ、既存の金属屋根にはチョーキングと蓄積された汚れが見受けられました。
チョーキングは、屋根が長年に渡り紫外線や雨水を浴びたことによって塗料が経年劣化したことで発生します。チョーキングは塗料が劣化して防水性が低下したサインですので、塗り替えを行う必要があります。今回の施工では、塗料が長持ちするよう入念に下地処理(ケレン作業等)を行わせて頂きました。

松本市にて行った金属屋根塗装の様子をご紹介いたします。

施工前の様子

こちらが施工前の屋根の様子です。
既存の金属屋根には経年劣化によるチョーキングと汚れが溜まっている様子が見受けられました。
チョーキングは、塗料が劣化しているサインです。 ケレン作業を丁寧におこない、屋根の塗装を長持ちさせていきます。

(参考記事)
外壁のチョーキング(白亜化)現象はなぜ起こる?原因や補修費用は?
外壁塗装にはケレン作業が重要!必要性や種類、価格を徹底解説

施工中の様子

高圧洗浄

屋根の塗装をおこなう前に、高圧洗浄にて蓄積された汚れや劣化した古い塗膜を洗浄して洗い落とします。
高い水圧にて汚れを落とすとともに、微細な傷をつけて目荒らしして塗料の付着を高める効果もあります。
外壁や屋根の塗装をおこなう前には必ず高圧洗浄をおこないます。ここで汚れをしっかり落としておかないと、新しい塗料が付着しません。

ケレン

次はケレン作業です。高圧洗浄で落ちなかった汚れや錆を手作業で落としていきます。
ここでも屋根表面に傷をつけて、塗料の付着を高めます。

屋根塗装:下塗り

下地処理が終わったら、下塗りを行います。
今回使用した下塗り塗料は、日本ペイントの「1液ハイポンファインデクロ」です。
錆止め効果のある下塗り塗料で金属屋根の塗装に向いています。

屋根塗装:中塗り・上塗り

塗装の工程は、下塗り、中塗り、上塗りの三回塗りが基本です。
中塗りからは、屋根に色を付けていく工程になり、中塗りと上塗りは同じ塗料を二回に分けて塗っていきます。
使用塗料は、日本ペイントの「ファインルーフSi」です。
耐久性が高く、費用対効果の良い塗料です。雪に対しても高い耐候性をもち、雪が滑りにくい特性もあるので、雪がよく降る地域でもおすすめの屋根塗料です。

完工

こちらが完工後の屋根の様子です。
塗装をおこなったことで、屋根の外観の意匠性が向上し見栄えが美しくなりました。また、雪なども流れやすくなっています。

担当者からのコメント

この度は株式会社colorにご依頼を頂き、誠にありがとうございます。

屋根塗装をおこなったことで、チョーキングや汚れがなくなり屋根の防水性や耐久性が向上しました。
金属屋根は耐久性の高い屋根ですが、錆が天敵です。錆が発生すると耐久性が低下してしまいます。
特にガルバリウム鋼板屋根は耐久性や耐候性、防錆性も高いですがノーメンテナンスなわけではありません。
定期的な塗装によって屋根を錆びや劣化から守ることが屋根を長持ちさせるためにも欠かせません。

弊社では、お客様の屋根の状態やご希望に合わせた最適なご提案を致します。
松本市にて外壁塗装、屋根塗装をご検討の際はぜひ、株式会社colorにお問い合わせください!

現場住所松本市
施工内容屋根塗装
施工期間3日
屋根使用塗料・塗料色(下塗り)1液ハイポンファインデクロ(日本ペイント)
屋根使用塗料・塗料色(上塗り)ファインルーフSI(日本ペイント)

TOP